借入する理由・・・それは急にお金が必要になるから

借入

急にお金が必要になる時ってありますよね。飲み会が集中したり、セールで洋服を買ったり、結婚式に呼ばれたり・・・

 

 

独身時代も裕福ではなかったですけど、それなりにお金を使うことができました。だから車を買った時に借入をしたくらいだったんですが、結婚をしてから自由に使えるお金が急に減りました。

 

 

お金の管理を嫁さんがしているせいで、お小遣いをもらって毎月を過ごしています。将来のためにお金を貯めないといけなかったりするのも分かるのですが、さすがに3万円では毎月苦しいですよね。たまに友達と飲みに行っても調子に乗らないように気をつけていないと、一瞬でなくなってしまいますからね(^_^;)

 

 

借入

でも会社の関係で断れない飲み会だってありますし、それなりに洋服も欲しかったりします。そんな時に結婚式の案内をもらったりすると、急にお金が必要になりますね。そんな一時的にお金が不足する時は、借入をして一時しのぎをしています。

 

 

借り入れで使っているのがカードローンですね。カードローンは一度申込みをしておけば、その後は限度額までだったら自由に借入をすることができますから、便利なんですよね。

 

 

返済もしないで使い放題は問題だと思いますけど、一時的に借入をして、しっかりと返済をしておけばスゴク助かりますからね。最初にカードローンで借入をするときに比較した借り入れ業者はこちらです。人気があるのはやっぱり余分に利息を払いたくはないですから低金利の借入ですよね。それに急な借入に対応できる即日振込をしてくれる借入ですね。

オススメ借入業者はこちらです!

とにかく今日中に、何らかの方法でお金を“用意”しなくてはならない…。
親族や友人、カード会社から借り入れするのでもいい。方法は何でもいい。とにかく今日中にまとまったお金が必要なんです…泣。
こんな、ちょ?キワキワの状況を経験した事のある人もいるかと思います。
えっ?ないって???

 

でも、もしこんな状況に陥ったら、あなたならどうします?

 

そんな切羽詰った状況の時こそオススメなのが、大手のカード会社からのキャッシングによる借り入れです。最近では、14時までに申込みすれば、店頭に出向かなくても自分の銀行に振り込んでもらうことも可能ですし、最短30分で即融資!なんて歌い文句の会社も多く存在します。
でも、実際のところどうなんでしょう?
まずは大手5社の特徴を紹介しつつ、実際に借り入れする場合について、どこで借り入れするのがベストなのか?について考えていくことにしましょう。

 

 

新生銀行カードローン レイク
「新生銀行カードローン レイク」は、その名のとおり新生銀行を母体としたカードローン。かつて消費者金融であったレイクが、2011年に経営基盤をすべて新生銀行に譲渡し、消費者金融から銀行カードローンへと変貌を遂げました。カード会社からの借り入れに対して少し抵抗がある人からすると、これはちょっとした安心材料ですね。
利用条件は、満20歳以上70歳以下。安定した収入があれば、パートやアルバイト、自営業、学生、年金生活者、外国人(永住権を持つ人)でも申込みが可能のようです。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5%〜18.0%(実質年率)
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:即時審査。最短40分融資! これはポイント高いですね。

 

また、レイクでは2つの無利息期間サービスから選べるようです。即時審査、即日振込もPC、スマホからの申し込みが可能で来店不要。申し込み→借り入れ→返済までもが完結できます。また、セブンイレブンなどに併設されているセブン銀行など提携ATMの利用で手数料無料(!)。これは素敵!

 

 

プロミス
三井住友フィナンシャルグループの子会社で、SMBCコンシューマーファイナンスが営業するプロミス。こちらは、架空のフォークデュオ『プロミス』のCMでもおなじみですよね。そして借り入れする場合のメリットとしては、三井住友銀行のローン契約機を使えることなどが挙げられます。プロミスの利用条件は、20〜69歳、安定した収入があること。職業や年収などの制限はありません。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5〜17.8%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資

 

プロミスの最大の魅力は、初回、契約日から30日間無利息という点でしょうか。もちろん借り入れする際は、インターネット上で申し込みから返済が完結できます。また、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座で最短10秒振り込み可能。これは今すぐ借り入れしたい人にとっては朗報ですよね。

 

 

アコム
大手消費者金融として、1978年から営業しているアコムですが、2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社になったのはCMなどで放映している通りです。借り入れの申し込み資格は、20歳以上で安定した収入があること。派遣社員やアルバイトも申し込み可能です。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.7〜18.0%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資。

 

アコムの最大の魅力もプロミス同様、初回利用時、契約日から最大30日間金利がゼロということでしょう。借り入れする際も、インターネット上で申し込みや実際のキャッシング、そして返済が完結できます。また他にも、楽天銀行で24時間振込み融資が可能。インターネットをよく使っていて、楽天銀行の口座がある人にはいいかも…。

 

 

モビット
モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融です。借り入れ資格は、20歳以上69歳以下で安定収入があること。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKですが、収入のない専業主婦や年金生活者の申込みは受け付けていないようです…。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:3.0〜18.0%
限度額:1万円〜800万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

モビットは、ホームページやローン申し込み機からで、10秒で簡易審査結果を表示してくれます。この10秒という数字は魅力的ですが、その他のカード会社の場合も、10秒ではありませんが、スピード審査をしているのは前述の通りなので、さほど突出したものではありません。こちらも、インターネット完結の申し込みで、来店不要、電話や郵便物もありません。

 

 

アイフル
独立系消費者金融として長年、営業を続けているのがアイフルです。貸金業法改正以降、2009年に事業再生ADRを申請した後、グループ再編などを経て現在も独立系のまま営業しています。借り入れ条件は、20歳以上70歳未満で定期収入があること。パート・アルバイト、学生も申し込み可能。自身に収入のない専業主婦は対象外のようです。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5〜18.0%
限度額:500万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

アイフルも他社と同様、初回30日間無利息を行っています。また、以前アイフルで借り入れしたことのある人が対象の低金利プラン「おまとめMAX」や、女性専用ダイヤルが設けられていたりします。

 

 

さて、大手5社で借り入れした場合の契約内容やサービスを比較してみましたが、率直な感想は、ここで挙げたカード会社ならどれを選択してもさほど大差はないということ。正直、どこを選んでも問題ないのではないでしょうか。でもこれは逆に言えば、各社のサービス合戦は一応沈静化した証拠で、借り入れできる枠の増額キャンペーンといった具合に、新規会員はもちろん既存会員へのサービスにも力を入れているのかもしれません。

 

借入申込みはネットが便利です!

借入

今は借入をするのもインターネットを使ってできますから便利になりました。借入をするのに金融機関へ出かけていくのってやっぱり抵抗がありますからね。

 

 

対面して借入を申し込むよりは、パソコンの画面に向かって申込みをする方が気が楽です。その分借入の罪悪感のようなものは低くなってしまうかもしれませんけどね。

 

 

今回僕が借入をしたカードローンタイプは1枚持っているとスゴク便利です。最初の申込みで借入限度額が決まりますが、その限度額の範囲内だったら何度でも自由に借入することができますからね。

 

 

借入

提携している銀行や消費者金融のATMを使って現金を引き出せるだけでなく、コンビニに設置されているATMなども使えたりする場合も多いので使い勝手もいいです。

 

 

以前は消費者金融というと怖いイメージがありましたけど、今では銀行系のグループになっているところも多くて安心です。それに金利の設定も銀行カードローンと変わらないくらいですから、高金利というわけでもないですからね。

 

 

金利が低い借入をしたいですが、申込み限度額で変わってきます。限度額も収入や借入の状況によって申し込める金額が変わってきますから、思うようにはいかないかもしれません。ただこのサイトで紹介している借り入れ業者は、金利の設定が低いところばかりですから、安心ですよ。しかも即日振込対応してくれるところが多いですから、すぐにお金が必要という場合にも対応してくれます。

 

 

便利なカードローンですけど、使い過ぎはホントに気をつけないといけないです。気が付いたら限度額いっぱいで、返済で毎月首が回らないってことになったら、一時的な借入をした意味がなくなってしまいますからね。

即日借入のキャッシング会社は申込者の何を見て審査してるのか??

申し込みした記入の項目を見て審査を行っています。基本はこの人にお金を貸しても、しっかりと金利を含めた金額が戻ってくるのかを判断しています。まず大切なことは働いていることです。働いていない人には多くの貸金業者はお金を貸してくれません。また返済能力があることの確認になりますので、この点が重要な審査項目になっています。その確認方法として在籍確認があります。申し込みをした申告通りにちゃんと勤めているのかを確認する作業です。

 

主に電話で行われることが多く、貸金業者の方から勤め先に電話をして勤めていることを確認します。その際は貸金業者の名前を伝えることはなく、個人名で電話をかけてきますので安心してください。しかしそうだとしても、個人名で電話をかけてくるのはお金を借りるときの在籍確認の手段だと一般的に知られていますので、職場の人にキャッシングを利用することがバレることも多いです。ただ借金は何も悪いことではありませんので、あまり気にしないようにしてください。

 

それに伴い年収も大きな項目になります。国が定めている基準として、年収の3分の1といった総量規制があります。年収の3分の1以上になると、お金を貸してはならないといった規制であり、消費者金融と信用会社はそれを守らなければなりません。それを満たしたうえで融資する金額を決めています。ただ銀行はこの総量規制がありません。しかしそうだとしても返済できるような金額しか融資を行ってくれないのはどこも同じです。

 

それと同時に行っているのが、個人信用情報機関に申し込みをした人の情報を照合する作業です。これは以前キャッシング絡みの事故をした事実がないのかを確かめる重要な作業です。他の業者から借り入れをしている情報から、延滞など起こしていないのか?また債務整理の有無まで確認することができます。ここの情報が一番重要であり、個人信用情報機関に危険事項が掲載されているようなことがあれば、融資が難しくなります。

 

これらの作業が整えば即日融資が可能になります。ただ貸金業者や銀行が独自で定めている基準に満たしていれば、申し込みをした人の希望にはそえないけれど、少額であれば融資をするところもあります。よって申し込みをしなければ審査に通るのかは誰にもわからないのが実態です。ただ総量規制に掛かっている、数年以内に債務整理をしている、延滞を繰り返しているような状況であれば即日融資は難しいと考えてください。