即日キャッシングとかで融資を受けている人ってどれくらいいるんだろ?

借入,借り入れ,即日,キャッシング,融資

「今週デートだけど金欠だから、即日キャッシングでもしなきゃ無理かも…」

「あ?ぁ、あのバッグ欲しいんだよなぁ(泣)。けど贅沢は禁物かなぁ…」

 

こんなことで悩んでいる人は、きっとたくさんいるハズです。

 

でも、ほとんどの人が頑張って節約をして乗り切ったり、欲しいものをガマンしているのではないでしょうか。それはとても素晴らしいことだと思いますし、もちろん否定もしません。けれど、お金に余裕があって外出する機会が増えれば、いろいろな出会いのチャンスも多くなりますし、もしかしたら運命の人!と出会うことだってあるかもしれません。また、欲しいものがずっと頭の中に残っていて、「やっぱり買いに行こう!」と思ってお店に行ったら、すでに売り切れだった…。こんな経験をしたことのある人も多いハズです。

 

では、なぜ即日キャッシングなどで融資を受けたりすることをためらうのでしょうか?
それはやはり誰もが「キャッシング=悪いこと」と思っているからに他なりません。
そうですよね。融資(=借金)を受けないにこしたことはないですものね。

 

でもちょっと待ってください。

 

ここに、そんな人からしたら、ちょっとビックリするようなデータがあります。
以下は金融庁がHPにアップしている貸付残高規模別の表で、「消費者向無担保貸付残高」になります。カンタンに言ってしまえば、どれだけの人が一体いくらくらいの金額を消費者金融で融資を受けているかのなります。(平成26年3月現在)

 

で、消費者向けの貸付残高の合計は、ナント2兆3,352億円!数は約510万件で、1人当たりの平均貸付残高は、45万8,000円となっています。
これはどういうことかと言えば、日本の人口のうちの約20人に1人(!)が、消費者金融でキャッシングなどの融資を受けているわけです。
http://www.fsa.go.jp/status/kasikin/20140930/17.pdf

 

20人に1人という数字を多いと思うか少ないと思うかは人それぞれだと思いますが、私はちょっとビックリしました(笑)。だって私の周りを見ても、消費者金融でお金を借りているという人は聞いたことがありませんから…。少なくとも見かけだけでは、全然気付いたことがありません。でも確かに、アノ子の給料でよくあんな時計買えるなぁ?なんて思ったこともよくあります。みんな賢く、キャッシングなどの融資のサービスを利用していたんですね(笑)。

 

どうですか?
ちょっとキャッシングのイメージが変わりました?
私は早速、「即日キャッシング」について調べてみようと思います。だって、今月厳しいんですもの…(苦笑)。

 

→カンタンで安心な『即日キャッシング』情報はこちら!