借入がバレる可能性は?

借入

借入をする時は、家族と相談して申込みをする場合は、家族に内緒で申込みをする場合がありますよね。

 

家族に話しておく方がいいのでしょうけど、余計な心配をかけたり、お金の使い方について問い詰められたりと、あまりイイことはありませんよね。

 

やましいものでなくても、家族でも内緒にしておくものだってありますからね。

 

借入を申し込んでバレる可能性があるのは、申込み確認、会社への在籍確認、契約書などの郵送物、利用明細書などの郵送物、滞納時の連絡などが考えられますよね。

 

申込み確認では携帯電話を登録しておけば、家に確認の電話が入ることはありません。

 

基本的にはネットで申込みをすることができますから、自分のメールアドレスや自分の携帯電話を使えば、バレることはないでしょうね。

 

勤務先には在籍確認の電話があります。

 

申込み内容の確認をするために、本当にその人が働いているのか会社に電話がかかってきます。

 

ただ借入申込みをした会社名で電話がかかることはありません。

 

個人名でかかってきますので、会社の同僚に疑われることもありませんよ。

 

ローンカードの送付の必要がないものもありますし、ネットバンキングだけで完了するものもありますが、基本的にはカードや契約書が自宅に送付されてきます。

 

でも昌記者金融なども郵送物に配慮をしているので、社名なしで事務センターだったりサービスセンターだったりで送ってきますし、銀行の場合だったらローンカードだとは分かりません。

 

会社の付き合いで資料請求をしたなどと言えば、家族に怪しまれることもないでしょうね。

 

それと借入申込時に利用明細書の送付をしないで、WEB上明細にしておけば、その後郵送物が届くこともありません。

 

延滞したときには電話連絡がありますが、基本的には個人の携帯電話に連絡がきます。

 

ただそれでも返済をしないでいると、自宅に電話が来たり、会社に電話が来たりすることがあると思います。

 

これは必要な返済を怠らなければ問題ありません。

 

つまりしっかりと返済をしていけば、家族にバレることもなく、カードローンを使い続けることができるんですね。