借入の審査について

借入

キャッシングやカードローンの借入を申し込んでも、審査に通らないと借入をすることができません。

 

借入の審査で重要なのが、信用情報のチェックですね。

 

この信用情報は各金融機関がお互いに利用することが出来て、ローンやクレジットカードなどで、いくら借りていて、毎月の返済を滞りなくしているのかなどの情報が集められています。

 

ブラックリストという言葉を聞きますけど、実際にリストがあるわけではなくて、この信用情報に返済の遅延だったり、事故情報が載っている人のことを言って、借入を申し込んでも審査が通ることはありません。

 

貸金業法の改正で総量規制が導入されていますので、年収の1/3を超えた借入はできなくなりました。

 

この信用情報を調べることで、自己申告をしなくても、現在の借入が分かってしまい信用を落とすことになるので、借入の申込みは正確に申告を行いたいですね。

 

仕事の状況ももちろんチェックされます。

 

公務員、正社員、自営業、契約社員・派遣社員、パート・アルバイトという順番で評価をされているようですし、勤務年数なども参考にされています。

 

その他に家族構成や、自宅が持ち家なのか借家なのかなどいろいろと審査をする項目があるので、実際は借入を申し込んでみないと分かりませんね。

 

ダメでもともとだとあちこち申し込む方法もありますけど、半年の間に3社以上の借入の申込みをすると、お金に困っている人ということで審査に通りにくくなってしまいますので、気をつけなければいけませんね。。