カードローンの種類について

借入

カードローンやキャッシングの種類としては、銀行系、消費者金融系、信販系などに分けることができます。

 

銀行系カードローン⇒信販系カードローン⇒消費者金融系カードローンの順番で、金利や限度額が低くなっているようです。

 

金利が低く限度額が大きい銀行系カードローンの方が、審査が厳しかったり、審査をする時間がかかるようです。

 

ただ銀行系カードローンは総量規制の対象外ですので、年収の1/3以上の借入が可能になりますね。

 

ただそれぞれのカードローンの特徴も徐々になくなってきているようにも感じますね。

 

例えば銀行系カードローンでもネットバンクのものであれば、審査も早くなってきていますし、いろいろなポイントがつくキャンペーンをしていることもあります。

 

都市銀行よりも審査のハードルが低くなっていたりしますので、低い金利で早く審査を受けられて審査が通りやすいなどと、借入申込みが多くなってきているようですね。

 

ただ金利の設定も、表示されている金利がそのまま適用されるわけではなく、その人の申込み状況によって変化するために、銀行系カードローンでもそれなりの金利になったりすることもありますね。

 

消費者金融は意外と融通がきいたりして、相談しやすかったりしますね。

 

しかも消費者金融も大手銀行系のグループ会社になってきているところが多いので、それぞれのカードローンの垣根が曖昧になってきているようですね。