借入の返済について

借入

とても便利で使い勝手の良いカードローンですが、返済には気をつけないといけません。

 

借入限度額まで自由に使えるために、ついつい使い過ぎて限度額いっぱいまで借入をしてしまい、返済が大変になってしまうことがあります。

 

便利なカードローンですが、必要以上は借入をしないようにして、毎月しっかりと返済をしていく必要があります。

 

お金が必要な時は借入することばかり気になってしまいますが、自分が返済できる金額を考えながら借入をするほうがいいですね。

 

借入の返済をATMからに設定してしまうと、返済日を忘れてしまったりします。

 

給与の振込口座からの口座振替をしておくのが返済をしっかりと続けていくポイントになります。

 

給与振込の直前に返済日にしてしまうと、お金が足りなくなってしまうこともありますから、給与振り込みがあった後に返済日をしていするといいですね。

 

毎月の返済をしっかりと続けるのも大事ですが、ちょっとした入金があったり、ボーナスが出たばかりのように、余力があるときには繰り上げ返済をしておくといいですよ。

 

なるべく借入元金を少なくしておくと、支払い利息を少なくすることができますし、借入可能額を多くしておけば、また必要になった時に借入することもできます。

 

借入と預金は別だと考えて、借入の返済は今まで通りで、預金を別にするようならもったいないです。

 

預金利息よりも借入利息の方が高いですからね。

 

次のボーナスまでのちょっとしたつなぎのお金を借りるような場合なら、無利息借入の設定のあるカードローンを使うといいかもしれません。

 

条件をクリアすれば、1週間や303日間は利息がかからないようになるので、一時的な借入にはありがたいのです。